働きがいろいろな酵素

酵素というのは体内で働く生体触媒といわれていて、代謝や消化に必要不可欠なものです。

体内のタンパク質でつくられるもので、大きくは消化酵素と代謝酵素に分類されます。

さらに酵素には種類によって決まった物質にしか影響を及ぼさないという特性があります。

酵素の別名は「エンザイム」と呼ばれています。例えば酵素にはアミラーゼ(唾液に含まれる)、リパーゼ(資質を分解)、ペプシン(タンパク質を分解)といったものなら聞いたことがあるかもしれません。

酵素は約5000種類もあります。

加水分解酵素はある物質に水が加わることで反応する酵素です。

酸化還元酵素は物質を酸化したり還元したりする酵素です。

酵素にはそれぞれ決まった物質に働くという性質があるのが特徴で、さらに酵素がはたらくには人肌の温度が必要です。

このように消化酵素は体内の栄養素を吸収しやすいように分解する働きをします。

酵素の分泌は加齢や健康状態によってだんだん減っていくということが言われており、それが老化や病気の原因となるのです。

生酵素222ダイエット